オーラルフレイル対策事業・県民公開講座

演題

オーラルフレイルを知っていますか?
~老化のはじめはお口から!?~

“オーラルフレイル”という言葉をお聞きになったことはあるでしょうか。“オーラル”は「口の」,“フレイル”は,英語の「Frailty」が語源となるのですが,日本語に訳すと「虚弱」「老衰」「脆弱」という意味になります。つまり,“オーラルフレイル”とは「口の虚弱・老衰・脆弱」という意味になります。「身体の老化」を意識することはあっても,「口の老化」を考える機会はほとんどないかもしれません。ここで改めて「口の働き」とはどのようなものなのか考えてみましょう。口の働きには,食べる,飲み込む,話す,唾液を出す,味を感じるなど多くの機能があり,これらの働きは我々が社会生活を営み,健康的な日常生活を維持するうえで欠かすことができない重要な役割を担っています。そんな“口の働き”ですが,生まれながらに本能として備わっているものではないということをご存知でしょうか。我々は,生まれてすぐに母乳やミルクを飲むところから口を使い始め,離乳食・幼児食を経て通常の食事を食べるための口の動きを学習し獲得していきます。それと同時に徐々に言葉を覚え,会話ができるようになっていきます。このように,“口の働き”は成長と共に経験と学習を通じて「完成されていく」生きるために必須の機能なのです。

それでは,これらの“口の働き”が正常に働かなくなるとどうなってしまうでしょうか。「口から食べる」「会話する」は当たり前の行動であるが故に,これらができなくなるということを想像することは難しいかもしれません。しかし,最近こんなことはないでしょうか。「たまに,食事の時にむせる」「食べこぼすようになった」「気がつくと柔らかいものばかり食べている」「滑舌が悪くなって聞き返されることが増えた」「口が乾いて臭う気がする」等々,少し気になるけれど病気ではないし,生活する上でそれほど困らない,年齢を重ねれば誰でもこういうことはあるだろう…。このような,病気ではないけれど,ちょっと気になる…という健康と病気の間にある口の状態を“オーラルフレイル”と定義します。そして,この“オーラルフレイル”が,身体の衰え(フレイル)の前段階である,つまり,「体の衰えは足腰からくるのではなく,実は先に口から始まる」のだと考えられるようになってきました。日常生活のちょっとした不具合が,“口の働き”の低下だけでなく,身体の老化を示す最初のシグナルかもしれないのです。では,この“オーラルフレイル”をそのままにしておくとどうなるのでしょうか。オーラルフレイルに関する多くの研究では,オーラルフレイルを抱える人は,そうでない健康な人と比べると,将来的な要介護認リスクや総死亡リスクが約2倍高くなるという結果が報告されています。このように,些細な口働きの変化が,その後の生活に大きな影響を与える可能性があるのです。このような話を聞くと不安を覚える方も多いかもしれません。しかし,このオーラルフレイルは,早めに気がついて適切な対応をすることで改善され,“健全な口の機能”を取り戻すことができるとされています。健やかな日常生活を送るためにも普段から口の働きを意識し,口の働きを低下させない予防策を講じておくことが大切なのです。

今回は,オーラルフレイルとはどういうものなのか,また,その症状に早めに気づき,どのような対応策を講じるべきなのかを解説します。この機会にぜひご自身の口の働きに興味を持っていただき,心身ともに健全な毎日をお過ごしいただくヒントにしていただければ幸いです。

講師

日本大学歯学部摂食機能療法学講座 准教授
阿部 仁子 先生

  • 2004年3月
    日本大学歯学部卒業
  • 2008年3月
    日本大学大学院歯学研究科歯科基礎系専攻修了(歯学博士)
  • 2008~2012年
    日本大学歯学部摂食機能療法学講座 助教
  • 2010~2012年
    カナダオンタリオ州 ウェスタン大学健康科学学部 コミュニケーション科学機能科 Postdoctoral fellow
  • 2017年~
    日本大学歯学部摂食機能療法学講座 准教授

開催日時

令和5年 3月19日(日)
10:00~12:00

会場

香川県歯科医療専門学校
7階 8020ホール

Google Mapで確認する

受講方式

「会場受講」もしくは「後日web動画受講」の選択制となります。

講師は来場予定ですが、新型コロナウイルス感染症の感染状況によりwebでの中継講演に変更となる場合がございます。

「後日web動画受講」は講演日以降に公開する講演録画を視聴していただく形式となります。当日のライブ配信はございませんのでご留意ください。詳細は「後日web動画受講の方法」をご確認ください。

後日web動画受講の方法

講演日以降に、香川県歯科医師会HPに講演録画を公開させていただきます(動画公開期間2週間)。受講方式を「後日web動画受講」でお申し込みいただいた方には、視聴に必要なパスワード等を郵送にてご連絡させていただきます。申込記載事項の記入漏れのないようご留意ください。

お申し込み方法

申し込み期日までに申込フォーム・メール・FAX・お電話にてお申込みください。

締め切り:令和5年3月12日(日)必着
会場受講:定員60名(先着順)

公益社団法人香川県歯科医師会
メール:sysope@kashi.or.jp
TEL:087-851-4965
FAX:087-822-4948

申込フォームへはこちらをクリック

香川県歯科医師会作成 関連動画