香川県県民公開講座

演題

手術や抗がん剤治療を受ける前には歯科受診を!

お口は、食べ物の入り口であり、鼻とともに酸素を吸って、二酸化炭素を吐き出す呼吸の出入り口でもあります。なので、お口と近い食道や胃、気管や肺とは「つながっている」というイメージが湧きやすいでしょうが、むし歯や歯周病が心臓や足の関節にまで影響を及ぼす、と聞くと驚かれるかもしれません。抗がん剤の種類によっては、副作用で髪の毛が抜ける、というのをご存じでしょうが、痛くて食べられないほどの口内炎を生じる場合がある抗がん剤もありますし、抗がん剤以外のお薬で、お口に何らかの影響を及ぼすものも少なくありません。

入院して手術や抗がん剤治療を受けることになると、担当の医師や看護師らから多くの説明を聞き、その病気のことで頭がいっぱいになってしまっても不思議ではありません。「(先生に)お任せします。」と言っていただくことは、医療者にとって「信頼されている」という面でありがたいことなのですが、どうしても「受け身」になってしまう患者さんが多いです。でも、医療においては患者さんが中心であり、「患者参加型」が望ましい、とされています。

手術後に肺炎を起こす患者さんがいるのですが、手術前から口腔ケアをしておくと、そのリスクを低減できます。自分で歯磨きを頑張ってもらうだけでも効果はあるのですが、プラスとして歯科を受診してX線などの検査を受け、必要なら処置を受けると口腔ケアの効果が上がります。これは手術後の肺炎予防だけでなく、心臓や人工関節の手術前や抗がん剤治療前など、さまざまな患者さんにも推奨されています。

手術前に「しっかりと栄養を摂って体力をつけておこう」と考えることも「患者参加型医療」です。そのためにも歯科を受診し、胃腸の負担を少なくするためにも、しっかりと嚙めるお口にしておく方が望ましいですよね。ご自身だけでなく、ご家族が病気になった時のサポートの1つとしても、アドバイスしてあげていただきたいお話をします。

講師

兵庫医科大学医学部歯科口腔外科学講座 主任教授
岸本 裕充 先生

  • 1989年3月
    大阪大学歯学部卒業
  • 1989年6月
    兵庫医科大学病院臨床研修医(歯科口腔外科)
  • 1996年9月
    兵庫医科大学歯科口腔外科学講座 助手
  • 2002年1月~2004年1月
    米国インディアナ大学医学部外科ポスドク
  • 2005年4月
    兵庫医科大学歯科口腔外科学講座 講師
  • 2009年4月
    兵庫医科大学歯科口腔外科学講座 准教授
  • 2013年4月
    兵庫医科大学歯科口腔外科学講座 主任教授,現在にいたる
  • 日本口腔外科学会認定 口腔外科専門医, 同 指導医
  • 日本口腔インプラント学会認定 専門医, 同 指導医
  • ICD制度協議会認定 インフェクションコントロールドクター
  • 日本口腔感染症学会 理事長
  • 日本口腔外科学会 理事
  • 日本歯科薬物療法学会 理事
  • 日本口腔リハビリテーション学会 理事
  • 日本有病者歯科医療法学会 理事
  • 口腔顔面神経機能学会 理事
  • 日本口腔インプラント学会 代議員
  • 日本口腔科学会 評議員
  • 日本口腔ケア学会 評議員
  • 日本顎顔面インプラント学会 運営審議委員
  • 兵庫県病院歯科医会 顧問

開催日時

令和4年 9月23日(金・祝)
9:30~11:30

会場

香川県歯科医療専門学校
7階 8020ホール

Google Mapで確認する

受講方式

「会場受講」もしくは「後日web動画受講」の選択制となります。

講師は来場予定ですが、新型コロナウイルス感染症の感染状況によりwebでの中継講演に変更となる場合がございます。

「後日web動画受講」は講演日以降に公開する講演録画を視聴していただく形式となります。詳細は「後日web動画受講の方法」をご確認ください。

後日web動画受講の方法

講演日以降に、香川県歯科医師会HPに講演録画を公開させていただきます(動画公開期間2週間)。受講方式を「後日web動画受講」でお申し込みいただいた方には、視聴に必要なパスワード等を郵送にてご連絡させていただきます。申込記載事項の記入漏れのないようご留意ください。

お申し込み方法

申し込み期日までに申込フォーム・メール・FAX・お電話にてお申込みください。

締め切り:令和4年9月15日(木)必着
会場受講:定員60名(先着順)

公益社団法人香川県歯科医師会
メール:sysope@kashi.or.jp
TEL:087-851-4965
FAX:087-822-4948

申込フォームへはこちらをクリック